越前和紙の歴史|清水紙工は、和紙壁紙、襖紙、小間紙、インクジェット対応和紙等の加工をしています。

全国で唯一の紙の神様

越前和紙の産地には、一つの伝説が語り継がれています。時は継体天皇がまだ男大迹皇子と呼ばれていた頃まで遡ります。山々に囲まれたその村は田畑が少なく、村人達の生活はとても苦しいものでした。ある日、岡太川に美しい女神が現れました。すると、その女神は村人にこう話しました。「この村にはきれいな水があります。この水で紙を漉けば良いでしょう」そう話すと、紙のことすら知らない村人に紙の漉き方を教えました。去り際に村人が「どちら様ですか?」と尋ねると「岡太川の川上に住むものです」そう答えて去っていきました。その女神は、現在、岡太神社に「紙祖神・川上御前」として祀られています。

受け継がれる技術

越前和紙の産地は「五箇地区」と呼ばれており、その名の通り5つの地区(大滝、岩本、不老、新在家、定友)に和紙業者が軒を連ねています。山間の小さな集落ですが、そこには高い技術をもった職人がたくさんいます。漉き屋で言うと「漉き込み」「漉き掛け」「墨流し」「ひっかけ」「落水」。加工屋なら「ドーサ引き」「染め」「印刷」「合紙」「揉み」などなど。漉き屋や加工屋が使う道具を作っている職人もいます。約1500年とも云われる長い伝統を脈々と受け継ぎながらも、時代のニーズに合った紙を世に出す為、それぞれが独自の技術を磨き、高め、時には変化させてきました。そして、次の1600年へと歴史を繋げていくのです。

メールでお問い合わせされる方はこちら

ページトップへ

Information

越前和紙の加工メーカー
清水紙工
〒915-0232
福井県越前市新在家町11-11-1

和紙や紙の加工のことで気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。お見積りは無料でさせて頂きます。

営業時間 8:15-17:00

tel:0778-42-0461

お問い合わせ

  • 採用情報
5月営業カレンダー
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
6月営業カレンダー
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

…お休み

  • YouTube
  • Instagram